みたら書く

本や映画の感想を書きます

映画

スペインとフランス革命を知る-映画『宮廷画家ゴヤは見た(Goya's Ghosts)』

芸術に疎いので勉強。 ※ゴヤって誰? フランシスコ・デ・ゴヤ。スペイン最大の画家と言われています。18世紀末、宮廷画家としてカルロス4世に仕えました。大聖堂の天井装飾をしたり、風刺画を書いたり。 フランシスコ・デ・ゴヤ - Wikipedia 『カルロス4世の…

映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』-自分の思想を持つこと

最近面白い映画が続いてますね。ミッドサマーも観たいけど、怖いと聞いて保留中。 三島由紀夫のことは「切腹した右翼の日本人?」という認識しかありませんでしたが、まぁなんか熱くて面白そうだし…と思ってこの映画を観ました。 ○内容 東大900番教室での、…

映画「それでも夜は明ける 12years a slaves』

2014年の映画。アカデミー賞では作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門を受賞しています。黒人奴隷がその当時どのような扱いを受けていたのかがわかる、ドキュメンタリーのような作品です。 ○内容 1841年、ニューヨークでバイオリニストをしていたソロモン・ノ…

映画『パラサイト 半地下の家族』-金を稼げよというメッセージ?

泣いた。けどちょっと不満。 カンヌではパルムドール、アカデミー賞4部門受賞している作品です。 ○内容 半地下に暮らす4人家族。 事業に繰り返し失敗している父、強気な母、何度も大学受験しているが受からない息子、美大を目指すがうまくいかない妹。貧乏で…

映画『スキャンダル Bombshell』-フィクションじゃない。

女性蔑視を扱う点で良い映画。 考えるところが多過ぎて、感想は支離滅裂になってしまいました。 ○内容 事実に着想を得たフィクションです。元ネタはこれ。 フィクションということになっていますが、実際はほぼノンフィクションです。 テレビ局FOXニュースの…

映画『誰も知らない』-大人の責任

つくづく、子供は無力で、無責任な大人の被害者なのだと感じて悲しくなりました。 ○あらすじ 仲の良い家族5人がアパートに引っ越してきます。母親と、父親の違う4人の子供たち。お金は無いながらも、楽しく明るい生活が始まります。しかし実は、子供たちは学…

映画『ペンタゴン・ペーパーズ』-自分の意思を持てるように

映画『JFK』に続けて観ました。 登場人物たちの愛国心や社長の逞しさ、誇り高くあれという姿勢がかっこいい。 ◯あらすじ ベトナム戦争が泥沼化していた1971年、新聞社が国防省の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を手にいれ、民衆へ事実を明らかにしま…

映画『ジョーカー』-可哀想な俺という妄想

映画『ジョーカー』を観て、1ヶ月くらい経ってしまいました。 観た直後、全く共感できないし、理解することもできませんでした。ただ、他の人の感想を読むと、解釈が違って楽しかった。この映画はそこを楽しむのがいいのかも。 ◯あらすじ 「バットマン」の悪…

映画『JFK』-自国を誇る気持ちが欲しい

歴史に詳しくなくても楽しめました。 CIAとかFBIとかかっこいいよねえ。 ◯あらすじ 今なお謎の残るジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件に、地方検事ジム・ギャリソンが挑むというストーリーです。ジム・ギャリソンの著書をベースにして、フィクションを交え…

映画『愛がなんだ』-無自覚に人を傷付ける

小説が原作の映画です。 知人と一緒に見ました。 鑑賞後感想を言い合うと、お互い解釈が違うところがあって面白かった。 ◯あらすじ テルちゃんはマモちゃんが好き。 連絡が来ればいつでも飛んでいきます。 しかし呼ばれて行っても酷い扱いを受けるし、付き合…

映画『蜜蜂と遠雷』-好きであり続けることの難しさ

映画中ずっと流れる音楽が素敵でした。 ◯あらすじ 主人公・栄伝亜夜は、かつて天才少女と言われていました。しかし自分にピアノを教えてくれていた母親の死をきっかけに、ピアノを弾くことができなくなってしまいます。そこから数年の沈黙を破ってコンクール…